ゆりごりら

猫とわたしと大自然

ぼんやりとした読書感想文ー『幻夜』

東野圭吾さんの『幻夜』を読みました。 妖艶な美女が人を惑わす物語…結局、周囲の人たちは振り回されて、美女の一人勝ちというような結末でした。謎がとても多く残ります。 なぜ、彼女はそこまでのことができるのだろうか? なぜ、美にそこまで執着するのだ…

里帰りしないでの出産

妊娠・出産中にたくさんの方から繰り返し驚かれたことがあります。 「え?実家で産まないの?」 はじめは誰もが産院がどこかを聞くのですが、自宅付近の病院で産む旨を伝えると、みんなこのように驚くのです。出産を経験した方、まだ出産されていない方、そ…

むかしむかしのことー理不尽な謝罪要求

ある日、夫が、村上春樹の本が見つからないと言って、リビングで捜していました。 その前に私は寝室を掃除して、村上春樹らしき本を見かけた気がしたので、「たぶん寝室にあるんじゃないかな?」と声をかけました。しかし、夫は自信満々に「リビングに持って…

猫と赤ちゃん

6月末に出産をして、ようやく体調が戻り元の生活に復帰しました。 のんびりと家で仕事と家事をしながら、新しい命を愛でる毎日。 数ヶ月前には存在しなかった命が、今は当たり前のようにここにいる。 陣痛で入院した時には夫と二人だったのに、退院する時に…

チューリップも咲きました

今住んでいる家には、リビングに直結するちょっとした花壇が備わっています。私が去年引っ越して来たころは花壇なんて言えるものではなく、ただの雑草畑でした。それが一冬越えて、雪によって雑草が枯れ、雪解けと一緒にチューリップの芽が出てきたのです。…

凛と咲かせる

春はあけぼの、東北の山奥でもすっかり桜も満開になりました。 生けていた桜の枝も無事に満開が過ぎて、みずみずしい葉っぱが生えて来ました。 葉っぱもお花と同じような蕾から生えて来るということを新発見しました。 何となく桜だと思っていた枝は、いざ咲…

たぶん、桜の枝

ある日、家の近くを散歩していたら、雪の中に枝が落ちているのを発見しました。 近づいて見てみると、その枝には少し蕾みたいなものが芽吹いていました。私は植物には詳しくないのですが、なんとなく桜な気がします。 まだ枝にはみずみずしさがあったので、…

ヨーグルト作り

つい最近、夫がヨーグルトを作ってくれました。 家の近くに夫の職場関連の畜舎があり、そこの牛から絞れた牛乳をたくさん分けてもらえたので、チャレンジしてくれたのです。そうして出来上がったヨーグルトをさらに水切りして、ギリシャヨーグルトにして食べ…

色の芽生え

ついに春が来ました。 我が家のリビング外の雪壁がなくなり、今まで雪に埋もれていたお庭が顔を出しました。 雪が積もる以前の庭は全く手入れされていなかったのですが、雪解けの庭にはなんと緑色が芽生えていました。 「こんなところにもちゃんと命は存在し…

障子が破れたので

障子を貼り直そうと思って、いろいろ調べてみました。当たり前なのですが、障子貼りってなかなか難しそう。薄い和紙をピーンとシワなく、ヨレなく、シミなく貼れる自信がありませんでした。 でも破れている障子をそのままにするのも、なんだか不格好なので… …

ぼんやりとした読書感想文ー『ラッシュライフ』

既読と未読の本棚を何となく分けているのですが、未読のコーナーに「あれ?読まなかったっけ」な一冊がありました。それが伊坂幸太郎さんの『ラッシュライフ』で、今回読んでみました。 最初は、登場人物の多さに、なかなか展開を追えませんでした。少しその…

ココナッツ大好き

わたしは小さい頃によくココナッツミルクのジュースを飲んでいました。当時は外国で暮らしていて、その国ではよくある飲み物でした。今でもココナッツの香りが大好きで、ココナッツのパンやタピオカ入りココナッツミルクなど、折を見てはココナッツを楽しん…

猫の歯磨き

「猫って歯磨きするの!?」 そんな風にびっくりして、猫飼育の本を読んだことを今でも覚えています。半信半疑で、「さすがに猫もそこまでは欲しないでしょう」と受け流していました。 しかしある晩、私がシャコシャコと歯磨きをしている様子をドラちゃんが…

ベッドのサイズアップ

昨年10月ごろのドラちゃん。わたしが中学生の頃に購入した、黄色いビーズクッションで器用に眠っていました。このクッション、微妙なサイズでビーズも多くなく、人間用のクッションとしては×ですが…子猫用には◎のようでした。使い途に困ってたものが、十数年…

足毛

ドラちゃんと遊んでいると、勢い良く走って勢い良く滑る姿を頻繁に見かけます。急停止とクイックターンが苦手なもよう。「肉球が乾燥して滑り止め効果が薄れてるのかな?」と思い、ひっくり返して確かめてみました。それ以前の問題でした。********…

ぼんやりとした読書感想文-『最悪』

『最悪』を読みました。何となしに読んだ伊良部シリーズがとても面白くて、以来奥田英朗さんの本をよく読むようになりました。伊良部シリーズは頓知が効いていてテンポもよく、スイスイ楽しく読み終わってしまえるものでした。そんなノリの良さを想定したま…

こ、これはっ!

あられもない姿で自分を干すドラちゃん。「何やねん」「じろじろ見んなや」とでも言いたげなご様子です。しかしね、どうしても見つめずにはいられないのです。なんたって君の乳首を初めて発見したのですから!当たり前のことですが、オス猫にも乳首があると…

雪道のドライブ

昨日、少し遠くまで運転して来ました。行き道は雪が大降りで、道に積もる雪と合わさって視界一面が真っ白でした。そんな中で一人で運転するのは初めての経験で、峠など後列車のない道では徐行→最徐行と這うように進んでいました。そんな視界不明瞭なときには…

ご飯のおねだり

ドラちゃんのご飯のねだり方は尋常じゃありません。最初は「にゃっ」とさりげないアピールをし、次第に足下にまとわり付きはじめ、それでもスルーしてると噛みつき、それでもそれでもスルーするとゴテっっ!というあからさまな音を立てて寝転び、不貞腐れて…

猫図鑑

ドラちゃんが図鑑でどのように紹介されているのか気になって、猫図鑑を購入してみました。 いろいろな図鑑があるのですが、美しい写真と紹介文がシンプルに載っている『世界で一番美しい猫の図鑑』というものに決めました。 世界で一番美しい猫の図鑑 作者: …

ちょっとした緑の案

雪、雪、雪……で、白の色が多くて、緑色が恋しくなります。お花屋さんも近くにないし、摘めそうな草もありません。ということで、料理に使う野菜を芽立たせてみることにしました。人参のヘッドを切り落としたものをただ水に漬けるという、何てことない作業で…

猫のおもちゃ

「猫じゃらしっていう草って、猫じゃらしというぐらいだから、猫じゃらすのにいいんでないの?」そんな思いから、道端に生えていた猫じゃらしを摘んで、ドラちゃんに試してみたところ……効果抜群!ドラちゃんは猫じゃらしを見るやいなや、「にゃん」と小さく…

裏山

わたしは今、もの凄い田舎で暮らしています。どのくらい田舎かというと、家の裏がこんなに異世界。ナルニアでも始まりそうなこの景色、かなりかなり気に入っています。太陽が出た時には、雪の一つ一つの結晶が太陽光にキラキラと輝いて、とても幻想的で綺麗…

猫、二匹目

ドラちゃんはレッドというカラーですが、額に前髪が生えています。 それも可愛すぎるところ。

美味しそうな寝姿

ドラちゃんは、忙しなく家中をパトロールしてるか、わたしの足に噛み付いているか、ご飯を探しているか、寝ています。 こんな風に。 …………… …… 完全一致!!(むりやり)

肉球さわさわ

ドラちゃんのちょっと変わったところは、肉球をプニプニされることが好きそうに見えるところです。肉球プニプニしてると、! ………………………………………スー…スー……と、眠りこけるのです。許可されたと解釈し、遠慮なくさわさわさせていただきます。肉球爆弾!

夢日記-大学入学試験

「大学入学後、卒業後の学力の推移を調査するため、大学在校生及び卒業生も大学入学試験を受けること」 母校からこのようなお知らせをいただき、大学入学試験を再度受けました。 センター試験と二次試験、合わせ4日間、6人で一部屋のマンションに泊まって、…

激痛の腹痛

雪がどんどんと積もって、屋根からも積もった雪が雪崩れ落ちて来て、わたしの家はちょっとした雪山みたいになってしまいました。 雪の過剰堆積を防止するために、屋根が片側傾斜になっているのですが、雪が滑り落ちる側は辛うじて2階部分が雪山から露出して…

猫にはよくあること

ドラちゃんを家に迎えた日に、寒くないようにと購入した足下クッションがあります。 しかし、ドラちゃんの興味に合わなかったのか、一度も使われずに、結局人間用として通常使用していました。 猫用にグッズを購入しても興味もってくれなかった旨の話は、い…

猫にもフィットするソファ

き、気持ち良さそう…ドラちゃんは、寝ることに関してプロフェッショナル。ZZzzz...ZZzzz...ZZzzz...ZZzzz...この座椅子が特にお気に入りなもよう。寝付きが悪い私としては羨ましい限りです。※これでも寝られるのがドラ流。

Happy Monday!

今朝もドラちゃんに叩き起こされて、1日がスタート。誰かに必要とされて起きるのは、悪くないもの!(朝ごはんあげると用無し)昨日は街まで遠出して、長らく欲しかったPS4を購入しました。なので、週始まりはウキウキ。早くドラクエ11やりたいです。ウキウ…

ダメな飼い主の奮闘

最近、飼い猫のドラちゃんに去勢手術をさせました。 ちょうど生後7ヶ月過ぎて、決断しました。 いろいろな本や、獣医さん、先輩飼い主の方々のアドバイスも聞きましたが、 最終的には 「ドラちゃんを外に出したくないけど、性の関係でもイライラさせたくない…

名前はドラちゃん。

東京から東北の雪国へ引っ越し、猫と一緒に自然を眺める毎日を過ごしています。 もうそんなこんなで数ヶ月がぼんやり過ぎてしまいました。 ただぼんやりするだけというのも心地よいものですが、 猫があんまりにも可愛く、自然があんまりにも豊かなので、ちょ…